読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

九州豪雨で被災したJR線、復旧費20億円かけ3月に全線再開へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR九州は15日、昨年の九州豪雨で被災して大分県内の一部区間が不通となっている久大線について、3月1日に全線で運転を再開すると発表した。約8か月での復旧となる。

 久大線は豪雨で鉄橋1本が流失するなど計145か所で被害が確認され、豊後森―庄内間(41・3キロ)で運転ができない状態となっている。

 JR九州は昨年11月から約20億円の復旧費を投じて橋の架け替えなどを進めており、工事が先行している庄内―由布院間の運転を2月13日に再開した後、由布院―豊後森間を3月1日に復旧する。

 昨年7月の九州豪雨を巡っては、熊本県の球磨川にかかる鉄橋2本が流失した肥薩線でも、一部区間がまだ不通となっている。JR九州によると、復旧時期は依然として見通せないという。

無断転載・複製を禁じます
1774260 0 経済 2021/01/16 07:18:00 2021/01/16 07:18:00 2021/01/16 07:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210116-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)