読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】川崎重工、水素が動力源の脱炭素大型船を建造へ…世界初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 川崎重工業は、発電用燃料として需要が拡大する液化水素の大型運搬船の建造に乗り出す。船舶分野でも強まる環境規制を見据え、大型船では世界で初めて重油の代わりに水素を動力源とする。2026年度中に完成させる計画で、政府も補助金で開発を支援する方向だ。

川崎重工業が建造する大型水素船のイメージ
川崎重工業が建造する大型水素船のイメージ

 建造費は約600億円とみられ、全長約300メートル、幅約50メートル。総トン数約13万トン規模の液化天然ガス(LNG)運搬船に匹敵する大きさだ。船の動力としては水素を燃やして発生させた蒸気でタービンを回す川重の独自方式を検討する。

 現在、大型船の大半は重油を使うエンジンや蒸気タービンが動力源となる。航行中に大量の二酸化炭素(CO2)を排出するため、国際海事機関(IMO)は船舶への環境規制を強めている。川重は環境性能の高さを強みに中韓の造船大手との差別化を進め、海運各社への売り込みを図る。

 運搬船には計4万立方メートルの液化水素を貯蔵できるタンクを最大で4基搭載する計画だ。政府は発電用や自動車用などを中心に水素の消費量を現状の年200万トンから30年には300万トンに増やす目標を掲げており、川重は水素を輸入する大型運搬船への需要が将来的に高まると判断した。

無断転載・複製を禁じます
1791918 0 経済 2021/01/23 23:45:00 2021/01/23 23:58:16 2021/01/23 23:58:16 川崎重工業/水素を動力源とする大型水素運搬船の完成イメージ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210123-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)