読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首都圏新築マンションの平均価格6000万円台…発売低調、バブル崩壊直後の水準に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 不動産経済研究所が発表した2020年の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の新築マンション発売戸数は、前年比12・8%減の2万7228戸だった。バブル崩壊直後の1992年以来、28年ぶりに3万戸を割り込んだ。

 昨年4、5月の緊急事態宣言発令を受け、モデルルーム閉鎖など営業活動が停止し、上半期(1~6月)の発売戸数が前年同期から半減したことが響いた。宣言解除後の下半期(7~12月)の発売戸数は前年を上回る好調ぶりをみせた。「消費者の購入意欲が旺盛で、不動産会社も積極的に販売した」(同研究所)という。

 20年は発売戸数が減った一方、価格は上がった。1戸あたりの平均価格は前年から1・7%上昇し、6084万円となった。6000万円台を記録したのは1990年(6123万円)以来30年ぶりとなる。

 同研究所は、建設業界の人手不足で工事費が上昇した上、都心で駅に近い物件の発売が増えた点が全体の価格を押し上げたとみている。

無断転載・複製を禁じます
1795302 0 経済 2021/01/25 17:24:00 2021/01/25 17:47:50 2021/01/25 17:47:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)