読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ANA、国際線の運航規模半減…成田―NYなど14路線で運休・減便へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全日本空輸(ANA)は、2021年度に国際線の運航規模を前年度から半減させる方針を固めた。10月末まで計14路線を減便・運休する。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国際線旅客数が激減していることを踏まえた措置だ。既存路線の廃止は行わない。

東京・羽田空港に止まる全日空機(2020年10月7日撮影)
東京・羽田空港に止まる全日空機(2020年10月7日撮影)

 3月28日~10月の夏ダイヤで、成田―ニューヨーク線、成田―サンフランシスコ線など計11路線を運休とし、羽田―シドニー線など計3路線は減便する。就航予定だった羽田―モスクワ線など計5路線の開設は延期する。

 一連の運休や減便などで、1座席あたりの移動距離の合計に換算すると、全体の運航規模は前年度比で約半分となる。

無断転載・複製を禁じます
1795730 0 経済 2021/01/25 21:07:00 2021/01/25 21:49:23 2021/01/25 21:49:23 全日空(ANA)の機体。東京・羽田空港で。2020年10月7日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)