読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

確定申告の期間延長検討へ…会場混雑のおそれ、麻生財務相「3密の問題ある」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 麻生財務相は25日の衆院予算委員会で、2020年分の所得税などの確定申告の期間の延長を検討する考えを明らかにした。申告会場が納税者で混雑すると新型コロナウイルスの感染リスクが高まる恐れがあるためだ。

 公明党の遠山清彦氏の質問に答えた。20年分の確定申告は2月16日に始まり、所得税と贈与税は3月15日まで、個人事業者の消費税は3月末まで、それぞれ受け付ける予定だ。麻生氏は「3密という問題もあるので(延長について)今から検討する」と述べた。国税庁は新型コロナで19年分の申告期間を4月16日まで延長した。

無断転載・複製を禁じます
1796072 0 経済 2021/01/25 22:42:00 2021/01/25 23:04:28 2021/01/25 23:04:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)