ソニー最終益、PS5と「鬼滅」効果で初の1兆円超えへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソニーは3日、2021年3月期連結決算(米国会計基準)の業績予想を上方修正し、最終利益は前期比86・4%増の1兆850億円を見込んだ。最終利益が1兆円を超えれば同社として初めて。家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」や、人気アニメ「鬼滅きめつやいば」の大ヒットが業績を押し上げた。

昨年11月に発売されたプレイステーション5(ソニー・インタラクティブエンタテインメント提供)
昨年11月に発売されたプレイステーション5(ソニー・インタラクティブエンタテインメント提供)

 昨年10月時点の予想に比べて、最終利益の見通しは2850億円引き上げた。売上高は3000億円増の8兆8000億円(前期比6・5%増)、本業のもうけを示す営業利益も2400億円増の9400億円(11・2%増)をそれぞれ見込んでいる。このうちPS5を担当するゲーム部門は400億円分、大ヒット映画「鬼滅の刃」の配給を手がけた音楽部門は280億円分、営業利益の上方修正にそれぞれ貢献した。

 昨年11月に投入したPS5は、新型コロナウイルスに伴う巣ごもり需要が追い風となり、同12月末時点で450万台を販売。PS4が初年度に記録した760万台を上回る販売台数を目標に、計画通りのペースとなっている。オンラインで記者会見した十時裕樹・副社長兼CFO(最高財務責任者)は、「(PSを中心とした)ハードウェアの世代交代が過去最高水準の利益につながっている」と話した。

 同時に発表した20年4~12月期の売上高は、前年同期比4・1%増の6兆7789億円、最終利益は87・0%増の1兆647億円で、ともに過去最高を更新した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1818299 0 経済 2021/02/03 20:21:00 2021/02/03 22:43:56 2021/02/03 22:43:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210203-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)