読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日テレHD、業績予想を上方修正…スポットCMが急回復

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本テレビホールディングス(HD)は4日、2021年3月期の連結業績予想を上方修正した。最終利益は、20年11月時点では10億円としていたが、12月に120億円に引き上げ、今回さらに200億円(前期比34・5%減)とした。コロナ禍を受けて落ち込んでいたテレビCMが、昨年10月以降に持ち直していることなどが要因だ。

 売上高は3870億円(9・3%減)、本業のもうけを示す営業利益は295億円(31・6%減)にそれぞれ上方修正した。

 テレビCMは、番組と番組の間などに流れる「スポットCM」が急回復している。昨年4~9月は、前年同月比18~47%減だったが、10~12月は一転、3か月連続で前年を上回った。コロナ禍でも業績が好調な「通信・ゲーム」のCMが増えているという。

 同日発表した20年4~12月期連結決算は、最終利益が前年同期比30・3%減の168億円だった。コロナ禍で傘下のフィットネスクラブの不振が響いた。

無断転載・複製を禁じます
1820988 0 経済 2021/02/04 21:09:00 2021/02/04 23:27:42 2021/02/04 23:27:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)