読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ソフトバンク営業利益9700億円予想…テレワーク関連好調で上方修正

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 携帯電話大手ソフトバンクは4日、2021年3月期連結決算(国際会計基準)の業績予想を上方修正した。本業のもうけを示す営業利益は、昨年5月時点から500億円多い9700億円(前期比6・4%増)と見込んだ。コロナ禍を受け、テレワークに対応するための企業向けソフトウェア販売などが好調なことが要因。

 売上高は2000億円多い5兆1000億円(同4・9%増)、最終利益は50億円多い4900億円(同3・6%増)に、それぞれ引き上げた。営業利益も含め、いずれも過去最高となる。

 20年4~12月期の連結決算は、営業利益が前年同期比5・8%増の8415億円だった。テレワーク関連に加え、「巣ごもり需要」を背景に、傘下のヤフーが運営するインターネット通販が堅調だった。

 宮内謙社長は記者会見で、グループのキャッシュレス決済「ペイペイ」について、証券会社から株式上場の提案を受けていると明らかにした。「意思決定はしていない」としつつも、上場した場合は「もう1個ヤフーを作るくらいの価値がある」と述べた。ペイペイは1月時点での登録者数が3500万人を超えている。

無断転載・複製を禁じます
1821266 0 経済 2021/02/04 22:52:00 2021/02/04 23:19:09 2021/02/04 23:19:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)