読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイデン氏「米経済まだ苦境に」…200兆円規模の追加対策、必要性を強調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米国のバイデン大統領は5日、ホワイトハウスで演説し、「米経済がまだ苦境にあるのは明らかだ」と述べ、総額1・9兆ドル(約200兆円)規模の追加経済対策案の必要性を改めて強調した。財政悪化を懸念する野党・共和党の反対は根強く、与党・民主党が単独で関連法案を可決する可能性もある。

 バイデン氏は、新型コロナウイルス感染拡大による打撃で、失業者がなお1000万人超に上ることなどを指摘。「我々は多くの苦しみを軽減する手段を持っている」と訴えた。

 追加対策案に盛り込まれた1人あたり最大1400ドル(約15万円)の現金給付を巡り、共和党議員団は減額を提案している。バイデン氏は「縮小しない」と話し、譲歩しない姿勢を示した。

 一方、米議会の上下両院は5日、バイデン氏の追加対策案の実現に向けた予算決議をそれぞれ可決。民主党単独で関連法案を可決できる「財政調整法」を活用する環境を整えた。

無断転載・複製を禁じます
1823965 0 経済 2021/02/06 11:22:00 2021/02/06 11:38:27 2021/02/06 11:38:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)