読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バレンタインデー向け、バラの出荷ピーク…1本ずつ丁寧に収穫

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

バレンタインデーに向けて出荷されるバラ(8日午後、愛知県碧南市で)=尾賀聡撮影
バレンタインデーに向けて出荷されるバラ(8日午後、愛知県碧南市で)=尾賀聡撮影

 バレンタインデー(14日)を前に、バラの栽培が盛んな愛知県の西三河地方で、プレゼント用のバラが出荷のピークを迎えている。

 JA西三河によると、管内では年間98種約530万本を生産。男性が女性に花を贈る「フラワーバレンタイン」も広がりつつあり、この時期は贈答用に約5万本出荷するという。

 生産農家神谷優希さん(32)の碧南市にあるビニールハウスでは、深紅のバラを1本ずつ丁寧に切り取って収穫。神谷さんは「家に飾り、少しでも明るい気持ちになってもらえれば」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1829596 0 経済 2021/02/09 11:23:00 2021/02/09 11:23:00 2021/02/09 11:23:00 バレンタインデーに向けて出荷されるバラ(8日午後3時52分、愛知県碧南市で)=尾賀聡撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210209-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)