読売新聞オンライン

メニュー

リニアの大深度工事、国交相「スケジュールありきではない」…調布の道路陥没で原因究明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 赤羽国土交通相は12日の閣議後記者会見で、JR東海がリニア中央新幹線建設で予定している地下深くのトンネル掘削について、「スケジュールありきで工事を進めることはない」と述べた。東京外郭環状道路(外環道)の地下トンネル工事で市道が陥没した問題を踏まえ、原因究明や再発防止策の策定が前提になるとの認識を示したものだ。

 JR東海は東京、神奈川、愛知の沿線3都県で、地下40メートルより深い大深度のトンネル工事を2021年度初めにも開始する方針を示している。

無断転載・複製を禁じます
1838449 0 経済 2021/02/12 18:42:00 2021/02/12 20:20:34 2021/02/12 20:20:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)