読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

旅客便「運休続出」で大打撃…機内食向け食材卸、負債48億円で事業停止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 帝国データバンク千葉支店は12日、機内食向け食材卸業「ムツミグローバルフーズネットワーク」(東京都中央区)と関連会社「フードリンケージ」(千葉県八街市)が10日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したと発表した。負債総額は2社合計で約48億円。新型コロナウイルス感染拡大による関連倒産としては県内24件目という。

 発表によると、ムツミ社は2007年に設立された。エビやホタテなどを東京・築地で仕入れ、県内の自社工場で加工。機内食を扱う各社への販売のほか、東南アジアに輸出していた。20年6月期には年売上高約51億9200万円を計上した。

 しかし、感染拡大で旅客便の運休が相次ぎ、機内食向け販売が大幅に減った。大手スーパーからの受注に注力したが、機内食事業の減少分を補えなかった。フードリンケージは09年設立で、食品加工販売を行っていた。

無断転載・複製を禁じます
1839762 0 経済 2021/02/13 11:19:00 2021/02/13 11:54:26 2021/02/13 11:54:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)