読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カキフライ自販機「評判上々」…電子レンジ併設「カキの食べ歩き文化広めたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 カキ養殖会社「ファームスズキ」(広島県大崎上島町)が、広島市中区本通の土産物店「長崎屋」に、カキフライ(4個入り、税込み1200円)の自動販売機を設置した。東京の商業施設「虎ノ門ヒルズ」に続いて国内2台目という。

カキフライの自販機について説明する長崎社長(広島市中区で)
カキフライの自販機について説明する長崎社長(広島市中区で)

 自販機は、消費者の食卓に並ぶまで商品に責任を持とうと、同社が開発した。瞬間冷凍されたカキフライは、温めれば作りたてと同じおいしさが味わえるという。併設の電子レンジを使い、その場でも食べられる。

 広島産カキのおいしさを再認識してもらうために場所を提供する長崎屋の長崎清一社長(40)は「客の評判は上々。カキを気軽に食べ歩ける文化を広めたい」と話している。

 自販機では、生食用の殻付きカキ(3個入り、同)、車エビ(2匹入り、同)も販売している。

無断転載・複製を禁じます
1846643 0 経済 2021/02/16 17:52:00 2021/02/16 18:09:31 2021/02/16 18:09:31 カキフライの自動販売機について説明する長崎社長(広島市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210215-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)