読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

今までなかった「ジャパニーズウイスキー」の定義、業界団体が初めて作成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本洋酒酒造組合は、「ジャパニーズウイスキー」と表示できる国産ウイスキーの基準を初めて作成した。水は日本国内で採取したものに限り、蒸留など一連の作業工程を国内で行うことを求めた。国産ウイスキーは海外で人気が高まっており、ブランド価値の維持・向上につなげたい考えだ。

 英国の「スコッチウイスキー」などの定義を参考にした。これまで明確な定義がなく、海外で製造した原酒を国内で瓶詰めしただけの製品が「ジャパニーズウイスキー」として流通する例もあった。罰則の規定はないが、組合の自主基準として4月から適用する。

 基準では、700リットル以下の木製樽(たる)に詰め、詰めた日の翌日から3年以上、国内で貯蔵することなども定めた。大手各社が製造する代表的なウイスキーは対象となる。

無断転載・複製を禁じます
1858206 0 経済 2021/02/21 18:45:00 2021/02/21 19:17:42 2021/02/21 19:17:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)