読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東証社長に大阪取引所社長の山道氏…システム障害再発防止で信頼回復へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本取引所グループ(JPX)は22日、傘下の東京証券取引所の社長に大阪取引所社長の山道やまじ裕己ひろみ氏(65)が4月1日付で就任する人事を発表した。大阪取引所社長には同じく傘下で、証券取引の清算などを行う「日本証券クリアリング機構」副社長の岩永守幸氏(59)を充てる。

 東証は昨年10月、システム障害を起こし、終日売買が停止になった。当時の宮原幸一郎社長(63)が引責辞任し、JPXの清田あきら・最高経営責任者(CEO)(75)が暫定的に兼務していた。

 山道氏は野村証券(現野村ホールディングス)出身で、海外経験が豊富だ。システム障害の再発防止で市場の信頼を取り戻すと共に、東証の国際化に向けて手腕が試される。

無断転載・複製を禁じます
1860262 0 経済 2021/02/22 15:54:00 2021/02/22 16:08:00 2021/02/22 16:08:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)