読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ゴールが無い街づくり」にトヨタがトライ…富士山近く、自動運転やAI活用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トヨタが計画するウーブン・シティ
トヨタが計画するウーブン・シティ

 トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市でスマートシティー「ウーブン・シティ」の建設に着手した。自動運転車や人工知能(AI)などを活用して生活を便利にする「実証実験の場」と位置付け、先進技術の実用化を加速させる考えだ。

ウーブン・シティの地鎮祭に臨んだトヨタ自動車の豊田社長(中央)ら(23日、静岡県裾野市で)=同社提供
ウーブン・シティの地鎮祭に臨んだトヨタ自動車の豊田社長(中央)ら(23日、静岡県裾野市で)=同社提供

 「ここをイノベーション(技術革新)の発信の場にしたい」。豊田章男社長は同日の地鎮祭に参加した後、報道陣に意気込みを語った。ウーブン・シティは、昨年12月に閉鎖した工場跡地に建設する。「2月23日」は敷地からのぞむ富士山との語呂合わせだ。

 これまでの発表によると、敷地は約70万平方メートルで、地上に自動運転車用や歩行者用など3本の道路を網の目のように敷設する。地下には物流を担う自動運転車の道を作るという。

 当初は子育て世代や高齢者、発明家の計約360人が住み、社会課題を解決できるような発明を促す。将来的には2000人規模の街にする計画だ。

 豊田社長は「(将来も)未完成で、ゴールがない街づくりにトライしたい」と述べ、完成形を定めずに街を「カイゼン」させ続ける考えを強調した。このため、完成時期や総工費は公表していない。

残り:413文字/全文:1142文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1862189 0 経済 2021/02/23 18:49:00 2021/02/23 22:34:00 2021/02/23 22:34:00 トヨタが計画するウーブン・シティ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210223-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)