読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ファーウェイがスマホ向けOSを独自開発、4月から搭載…「アンドロイド」から切り替え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の消費者事業部門トップ、余承東ユーチョンドン氏は22日の発表会で、独自開発した基本ソフト(OS)のスマートフォンへの搭載を4月から始めると表明した。米国による規制強化を受け、搭載OSを米グーグルの「アンドロイド」から切り替える。

 独自OSの名称は「鴻蒙ホンモン」(英語名ハーモニー)。最初の対象モデルは、25日に発売する折りたたみスマホ「Mate(メイト)X2」となる。ファーウェイは米アップルのように自社OSで動作するスマホを製造・販売するメーカーとなる。

 ファーウェイは米国の規制強化で半導体の調達難に陥り、スマホ事業の縮小を余儀なくされている。

無断転載・複製を禁じます
1863108 0 経済 2021/02/24 07:42:00 2021/02/24 09:07:52 2021/02/24 09:07:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)