読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[深層NEWS]脱炭素、産業政策の大競争…「中核技術を日本が抱えることが大事だ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明星大の細川昌彦教授と長岡技術科学大の李志東教授が25日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、日本や欧米、中国などの脱炭素政策について議論した。

 細川氏は「脱炭素を錦の御旗にした産業政策の大競争が起きている」とした上で、「(他国を上回る)中核技術を日本が抱えることが大事だ」と指摘した。李氏は、各国がしのぎを削る電気自動車(EV)の開発競争を巡り、中国の政策について「従来の車だと日本や米国にかなわないが、新しい電動自動車なら勝ち目があるという戦略だ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1868749 0 経済 2021/02/25 23:04:00 2021/02/25 23:04:00 2021/02/25 23:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)