読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

リクルート、シンボルの銀座本社ビル売却…「感染拡大の影響ではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リクルートホールディングス(HD)が、東京・銀座の本社ビルを、不動産大手のヒューリックに売却したことがわかった。売却後もリース契約を結び、同じビルへの入居を続ける。リクルートは保有資産の有効活用を進めている。

リクルートHDが売却した「リクルートGINZA8ビル」
リクルートHDが売却した「リクルートGINZA8ビル」

 売却したのは「リクルートGINZA8ビル」で、売却額は公表していない。地下3階・地上11階建てで1981年に完成した。ガラス張りの外観から、リクルートのシンボルとなり、2008年に本社機能を東京・丸の内に移した後も、登記上は本社所在地のままとなっている。

 現在は研究部門やグループ会社などが入居している。同社広報は売却について、「オフィス削減は意図していない。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものでもない」としている。

 リクルートHDは今月15日、主力の人材事業で採用活動の回復が続くなどとして、2021年3月期の業績予想を上方修正した。1235億円を見込む最終利益に、ビルの売却益も含まれているとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1871319 0 経済 2021/02/26 20:51:00 2021/02/26 23:32:15 2021/02/26 23:32:15 リクルートHDが売却した「リクルートGINZエー8ビル」(25日、東京都中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)