読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日経平均1202円安、過去10番目の値下がり幅…米市場の流れが波及

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日の東京株式市場は全面安の展開となり、日経平均株価(225種)の終値は前日比1202円26銭安の2万8966円01銭だった。米長期金利の急激な上昇への警戒感から前日の米株式相場が大幅に下落した流れが波及した。値下がり幅は、英国の欧州連合(EU)離脱を巡って相場が混乱した2016年6月以来、4年8か月ぶりの水準で、過去10番目の大きさだった。

前日から大幅に下落した日経平均株価の終値(26日午後、東京都港区の外為どっとコムで)=橘薫撮影
前日から大幅に下落した日経平均株価の終値(26日午後、東京都港区の外為どっとコムで)=橘薫撮影

 米長期金利が上がったのは、米国で新型コロナウイルスワクチンの普及や、バイデン政権による大型の経済対策などにより景気回復が加速するとの思惑から、安全資産とされる債券を売る動きが広がったためだ。

 金利上昇を受け、株式市場では、相場を先導してきたIT関連銘柄に割高感が出たことなどで売りが広がった。東京証券取引所1部のうち値下がりした銘柄の割合は、約2か月ぶりに9割を超えた。

 株安は26日のアジア株式市場にも波及した。香港、上海総合、韓国、台湾の主要株価指数はいずれも2~4%安だった。

 日経平均は、前週に約30年半ぶりに3万円台を回復するなどバブル後の最高値圏にあり、過熱感への警戒も根強い。

無断転載・複製を禁じます
1871375 0 経済 2021/02/26 21:09:00 2021/02/26 21:09:00 2021/02/26 21:09:00 前日から大幅に下落した日経平均株価の終値(26日午後3時16分、東京都港区の外為どっとコムで)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)