読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

NYダウが2日間で1000ドル超下落…米長期金利の上昇を嫌気、売り注文優勢

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】26日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比469・64ドル安の3万932・37ドルだった。値下がりは2日連続となり、2日間の下落幅は1000ドルを超えた。

 米長期金利の上昇を嫌気し、前日に株価が大幅に下落したことで、投資家に先行きへの慎重な見方が広がり、売り注文が優勢となった。情報サービス大手セールスフォース・ドットコムが6%を超える値下がりとなったほか、原油安を受けて石油大手シェブロンも2%超の下落となった。

 前日に一時1・6%台に達した米長期金利の指標となる10年物米国債の利回りは、26日は1・4%台に低下した。

無断転載・複製を禁じます
1872110 0 経済 2021/02/27 06:52:00 2021/02/27 10:21:31 2021/02/27 10:21:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)