読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

乗り降りしやすい!とさでん交通、超低床車両を導入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知県のとさでん交通が、乗り降りのしやすさを重視した3両目の超低床車両を導入することになり、高知市桟橋通の本社の車庫に搬入された。3月中の運行開始を目指す。

クレーンでつり上げ、レール上に移される新車両(高知市で)
クレーンでつり上げ、レール上に移される新車両(高知市で)

 出入り口付近にステップなどの段差がなく、車内には車いすスペースがある。外観は緑、白、オレンジの「とさでんカラー」で、全長16・5メートル、定員71人。2018年導入の車両と同じ設計だが、外国人客の需要が高い無料のWi―Fi(ワイファイ)を備える予定という。

 大阪府摂津市の工場で製造。車両はトレーラーで車庫に運び込まれ、2台のクレーンでつり上げて約2時間かけてレールへ。職員や電車ファンらが見守った。

 木下真紀・電車企画課長は「同型車は音も静かで乗り心地がいいと評判。多くのお客様に利用してほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1874168 0 経済 2021/02/28 18:27:00 2021/02/28 20:36:46 2021/02/28 20:36:46 クレーンでつり上げてレールに搬入される新車両(2月22日午後1時42分、高知市で)=大家広之撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210228-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)