読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

就活解禁、薄れる「売り手市場」…コロナ対策して合同説明会も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2022年春に卒業予定の大学生らに対する企業の採用活動が1日、解禁された。新型コロナウイルスの感染拡大で学生に有利な「売り手市場」の様相は薄れ、業種によって採用意欲にばらつきが出る見通しとなっている。

 新型コロナで企業の合同説明会は昨年は中止が相次いだが、今年は感染防止対策を行った上で開催されている。ウェブでの説明会も定着しており、併用して実施する企業が増えている。

合同企業説明会場の入り口に並ぶ学生ら(1日午前、千葉市美浜区で)=横山就平撮影
合同企業説明会場の入り口に並ぶ学生ら(1日午前、千葉市美浜区で)=横山就平撮影

 千葉市美浜区の幕張メッセでは、就職情報会社リクルートキャリアが主催する合同説明会が開かれ、大手企業を中心に約220社が出展した。参加する学生は事前予約制とし、来場者数が一定以上となった場合には入場制限を行う。

 日本大学芸術学部の女子学生(21)は、「オンラインではなく、直接説明を聞きたかった。新型コロナで選択肢が狭まらないか不安だ」と話した。

 政府が経済界に求める就活日程は、説明会などの採用活動が3月1日、面接などの選考が6月1日、内定は10月1日に解禁で、例年と変わらない。リクルートキャリアの調査では、2月1日時点で企業から内定を得ている大学生の割合は9・9%と、前年より0・9ポイント高まっており、採用を前倒しする動きが続いている。

無断転載・複製を禁じます
1875846 0 経済 2021/03/01 11:50:00 2021/03/01 13:14:38 2021/03/01 13:14:38 間隔を空けて列に並ぶ学生ら(1日午前9時30分、千葉市美浜区で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)