読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

EU、30年に半導体の世界シェア20%目指す…デジタル化戦略案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ブリュッセル=畠山朋子】欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会は9日、2030年に半導体生産の世界市場占有率20%を目指すことなどを盛り込んだデジタル化戦略案をまとめた。半導体のほかデータ管理などの分野で他国への依存度を下げ、この分野をリードする米国や中国に対抗する狙いがある。

 戦略案では、様々なものをネットにつなげる「IoT」のようなデジタル化には半導体技術が重要とし、半導体の域内生産を増強して世界シェアを現在の10%から2倍に増やすとした。中国などからの輸入依存度を下げる方針だ。半導体を巡っては、世界的な不足が懸念される中、米国も2月、供給網の見直しに着手した。

 また、欧州委員会は、欧州の企業などがネット上でデータを管理する「クラウド」事業のほとんどがEU域外で行われているとして、「第三国からの非合法なアクセスを受ける危険性がある」と指摘。域内でデータの管理ができる態勢作りが必要とした。高速・大容量通信規格「5G」網を、人口密集地域に張り巡らせる方針も示した。

 ティエリー・ブルトン欧州委員(域内市場担当)は9日の記者会見で「パンデミック後の世界で、“デジタル主権”のある強い欧州を作る計画だ」と強調した。

★EUが示した2030年までのデジタル化に向けた主な目標

 ・半導体の世界市場での占有率を20%に

 ・全ての人口密集地域で5G網を整備

 ・域内でのクラウド管理能力を強化

 ・量子コンピューター技術への投資を促進

無断転載・複製を禁じます
1899377 0 経済 2021/03/10 10:33:00 2021/03/10 11:43:08 2021/03/10 11:43:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)