読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ホンダ、ボーナス満額回答…電動車の開発競争へ労使一体狙う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ホンダは10日、2021年春闘で年間一時金(ボーナス)について、組合の要求通り5・3か月分とすると組合側に回答した。

 発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大で新車販売が減少するなど、厳しい経営環境が続くなか、電動車の開発競争などに労使一体で取り組むため満額回答を示したという。前年は組合側が6・0か月分を要求し、経営側は5・95か月分を回答していた。

 ホンダの労働組合は、基本給を底上げするベースアップ(ベア)に相当する「賃金改善分」の要求は8年ぶりに見送っている。

無断転載・複製を禁じます
1901200 0 経済 2021/03/10 20:13:00 2021/03/10 20:13:00 2021/03/10 20:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)