読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

おうち時間に飲みたい「本格生ビール」…大手各社、サーバー貸し出し戦略

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

キリンは家庭用ビールサーバーを本格展開する(8日、東京都港区で)
キリンは家庭用ビールサーバーを本格展開する(8日、東京都港区で)

 ビール各社が家庭用の生ビールサーバーの販売に力を入れている。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅の時間が増え、自宅で本格的な生ビールを飲みたいという需要が増えているためだ。悪化している飲食店向けの売り上げを補う狙いもある。

 ビール大手4社が10日発表した2月のビール系飲料の販売実績は、前年同月比12%減だった。飲食店需要が多いビールが26%減に対し、家飲み中心の第3のビールは4%減にとどまった。昨年10月の酒税改正による減税が追い風とはならず、ビールは苦戦が続いている。

キリンが本格展開する家庭用ビールサーバー「ホームタップ」(8日、東京都港区で)
キリンが本格展開する家庭用ビールサーバー「ホームタップ」(8日、東京都港区で)

 各社は、低価格商品だけでなく、家でも味わいを追求するニーズが見込めるとみて、家庭向けの戦略を強化する。キリンビールは、保冷機能の付いた専用のビールサーバーで生ビールが楽しめる「ホームタップ」を本格的に始める。1リットル入りが月4本届くコースは、月額税込み8250円から。ビールは数種類から選ぶことができる。

 アサヒビールも、5月から家庭向けのサーバーの貸し出しを始める方針だ。主力の「スーパードライ」を楽しめるという。サントリービールは、缶ビールに添えると、細かい泡ができる「神泡サーバー」を発売する。担当者は「メリハリ消費を取り入れ、市場を盛り上げたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1901629 0 経済 2021/03/10 22:23:00 2021/03/10 22:23:00 2021/03/10 22:23:00 キリンは家庭用ビールサーバーを本格展開する(8日、東京都港区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210310-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)