読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「JR北は夕張市役所より給与低い」…JR北海道と四国で若手社員の離職相次ぐ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経営再建中のJR北海道とJR四国で、新卒採用の6割に相当する人数の若手社員が相次いで離職している実態が明らかになった。10日の衆院国土交通委員会で、国民民主党の玉木代表の質問に対し、国土交通省が明らかにした。

 同省によると、JR北の19年度の新卒採用数は265人だった。一方、同年度に自己都合で退職した社員数は165人で、うち96%にあたる158人が10~30歳代の若手社員だった。

 JR四国も深刻だ。19年度の採用者数は123人だったが、同年度の自己都合退職者は75人で、うち88%にあたる66人が10~30歳代だった。

 20年度もJR北で183人、JR四国で50人がそれぞれ自己都合退職する見込みで、9割以上が10~30歳代だ。経営の先行きに対する不安感が強まっており、同業他社と比べ給与が安いことも離職者の増加を招いているとの見方がある。

 2社の経営は以前から厳しく、コロナ禍でさらに悪化している。政府はJR北に1302億円、JR四国に1025億円の追加支援を実施しようと、関連法案を開会中の通常国会に提出している。

 赤羽国交相は「JR北は(財政破綻した)北海道夕張市役所より給与水準が低く、転勤もあるので、地元の役所に行く道が選ばれている」と述べ、待遇改善が必要との考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1901233 0 経済 2021/03/10 20:39:00 2021/03/10 21:55:03 2021/03/10 21:55:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)