読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

みずほATM障害は「初歩的なミス」…銀行界の「常識」考慮せず、あきれる地銀首脳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 みずほ銀行で2月28日に発生した現金自動預け払い機(ATM)の障害では、経営陣の見通しの甘さが混乱を拡大させた。みずほは月内にも金融庁に再発防止策などを報告するが、体質改善に向けてどこまで踏み込めるかが焦点となる。

 「大変初歩的なミスで信じられない」。ある地銀首脳はみずほの失態にあきれた様子だった。月末は、定期預金の自動継続などの作業が集中する。システムに負荷がかかるため、銀行界ではこうした日にはメンテナンスなどはしないのが「常識」となっている。

障害で使えなくなったみずほ銀行のATM(2月28日、大阪市北区で)
障害で使えなくなったみずほ銀行のATM(2月28日、大阪市北区で)

 しかし、みずほは違った。みずほは1月に紙の通帳を使わない「デジタル口座」のサービスを始めた。これに伴い、1月末時点で1年以上記帳がない口座を6回に分けてデジタル口座に移す予定を立てた。2月の最後の週末に、それまでやったことのない大量のデータの移行作業をしたことで、システムがパンクした。

 紙の通帳は4月時点の数に対して1冊200円の印紙税がかかる。みずほ関係者は「3月中に紙の通帳数を少しでも減らすため、データ移行を急いだ」と打ち明ける。

 2019年夏に完全移行した現在のシステムは、異常が発生した部分を切り離すことで、システム本体を守る設定になっている。今回は定期預金取引での異常を察知したことで、ATMの大半が使えなくなった。過去2回の大規模障害よりは短期間で収束したが、それでも多くの顧客が大迷惑を被った。

混乱に拍車

 痛恨だったのは、ATMがキャッシュカードや通帳を取り込み、顧客にすぐに返却できなかったことだ。こうした事例が5244件も発生した。

 偽造カードの使用など不正が疑われる場合に備え、ATMにはカードを戻さなくなる仕組みがあるが、一般にはあまり知られてはいない。慌てた顧客はATMに備え付けられた電話でコールセンターに連絡したが、障害が全国各地で起こったため、つながりにくくなった。関係者によると、9割以上の電話を取り損なったという。ATMの前で数時間待たされた顧客も多かった。

 システム障害が起きた時、ATMがカードを取り込むかどうかは各行で異なる。三井住友銀行は原則的にキャッシュカードをはき出す設定になっているが、三菱UFJ銀行は取り込む可能性があるという。東洋大の野崎浩成教授は「どちらが正しいと言うことは難しい。大事なのは事後対処で、コールセンターも対応できる人員や連絡体制を準備しておくべきだった」と指摘する。

 

残り:431文字/全文:1564文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1904774 0 経済 2021/03/12 05:00:00 2021/03/12 23:48:19 2021/03/12 23:48:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210312-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)