読売新聞オンライン

メニュー

楽天、日本郵政から出資受け入れ…テンセント系・ウォルマートからも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天と日本郵政は12日、資本・業務提携すると発表した。日本郵政が、楽天の第三者割当増資に応じ、約8%出資する。出資額は約1500億円。コロナ禍で需要が高まるインターネット通販や、物流の効率化につながるデジタル戦略などで関係を強化する。

 楽天と日本郵政傘下の日本郵便は昨年12月、物流事業で業務提携すると発表していた。

 楽天は同日、中国IT大手テンセントの子会社から約657億円、米ウォルマートから約166億円の出資を受け入れる方針も合わせて発表した。調達した資金は、携帯事業子会社の楽天モバイルにあてて、基地局整備などに使う。

 三木谷浩史会長兼社長は「日本全国にネットワークを持つ日本郵政と戦略的パートナーを結べるのは世界に類をみない、新しい提携だ」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1905643 0 経済 2021/03/12 13:30:00 2021/03/12 16:56:48 2021/03/12 16:56:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)