読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】JAL、国内線の機内音楽サービス廃止へ…利用減で半世紀の歴史に幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本航空(JAL)は、国内線の機内で音楽や落語などを楽しめる音声サービスを3月末で廃止する。機内で公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」に接続できる飛行機が増えたことで、乗客の選択肢が広がり、利用が減ったためとみられる。サービス開始から約半世紀でデジタル化の波に押されて姿を消す。

 1972年8月にジャンボの愛称で親しまれた「ボーイング747」に初めて搭載された。座席に置かれたヘッドホンで個人ごとに音声を楽しめるため、当時としては画期的なサービスとして人気が高まった。現在はヒット曲や落語のほかに、クラシック音楽や、JALが提供するラジオ番組など計9チャンネルを配信している。

 国際線では続けるという。

無断転載・複製を禁じます
1925824 0 経済 2021/03/21 05:00:00 2021/03/21 09:54:45 2021/03/21 09:54:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)