読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「100年に1度」と言われる変革期、次世代車開発で再びタッグ…トヨタ・いすゞ資本提携

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長。画面下の左が日野自動車の下義生社長、右がいすゞ自動車の片山正則社長(24日、東京都内で)
記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長。画面下の左が日野自動車の下義生社長、右がいすゞ自動車の片山正則社長(24日、東京都内で)

 トヨタ自動車といすゞ自動車は、再び資本提携に踏み切る。両社は2018年に関係を解消していたが、温室効果ガスの削減など自動車業界の構造変化に対応するため、協力する必要があると判断した。販売では競争を続けるが、両社でトラックやバスなど商用車の電動化やデータを活用したビジネスの開発を加速する。

■業界変革期

 トヨタは06年にいすゞに約6%を出資した。当時、欧州で主流のディーゼル車を強化するのが狙いで、両社は小型ディーゼルエンジンの共同開発を進めた。その後、ディーゼル車の需要が減少したことから、トヨタはいすゞ株をいすゞに売却していた。

 だが、自動車業界が「100年に1度」と言われる変革期を迎え、事情は変わった。電動車や自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代車技術への対応には巨額の費用がかかる。商用車は、乗用車と比べると販売台数が少ないため、投資の回収が難しい。

 トヨタは近年、スズキやマツダ、SUBARU(スバル)といった同業他社だけでなく、IT企業とも次々と提携している。豊田章男社長は24日、都内で記者会見し、「もっと良いモビリティー(移動手段)社会を作るには、競争だけでなく協調していくことが大切だ」と説明した。

 いすゞの片山正則社長は会見で、「力を合わせればCASEの荒波を乗り越えるイノベーション(革新)を起こし、顧客に解決策を提供できる」と期待を示した。

残り:804文字/全文:1557文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1935239 0 経済 2021/03/25 05:00:00 2021/03/25 05:00:00 2021/03/25 05:00:00 記者会見する(左から)日野自動車の下義生社長、トヨタ自動車の豊田章男社長、いすゞ自動車の片山正則社長(24日、東京都内のホテルで)=香取直武撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210324-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)