読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スエズ運河で150隻超が立ち往生…大型コンテナ船座礁「長ければ再開まで数週間」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【スエズ(エジプト東部)=酒井圭吾、ロンドン=池田晋一】大型コンテナ船がスエズ運河で座礁した事故で、大量の船舶が立ち往生し、原油輸送や製造業のサプライチェーン(供給網)への影響に懸念が強まっている。

 23日に座礁したコンテナ船は、台湾の会社が運営する「エバー・ギブン」(全長400メートル、幅59メートル)。エジプトのスエズ運河庁は25日、離礁作業が終了するまで、航行を完全に停止すると発表した。足止めされた船舶は同日現在、150隻以上に上るという。

 25日は早朝から船体周りの土砂を取り除く作業が続けられ、タグボート5、6隻でのえい航を試みた。しかし、港湾作業員の一人は「少しも動く気配がないようだ」と語る。エジプトの専門家は取材に「早くても数日、長ければ数週間はかかるのでは」と話した。

 スエズ運河は、海上輸送される原油のうち1割が通過する要衝。海運情報サービス「ロイズ・リスト」は、座礁によって「1日当たり96億ドル(約1兆500億円)分の価値を持つ運航が止まっている」とした。

 日本の海運会社では、25日正午時点で、日本郵船などが出資するコンテナ船運航会社「オーシャンネットワークエクスプレス」の2隻が足止めされている。商船三井は、化学薬品などを積んだタンカーと鋼材運搬船の計4隻が運航再開を待っている。

 運航停止が長期化すれば、南アフリカの喜望峰を回る必要があり、通常より1週間程度、余分にかかる。コロナ禍による巣ごもり需要で、昨年後半からコンテナ不足が深刻化しており、運賃は高騰している。一段と値上がりすれば、日本の製造業にも影響する可能性がある。

スエズ運河を塞ぐコンテナ船「エバー・ギブン」。プラネットラボ社の衛星画像から(AP)
スエズ運河を塞ぐコンテナ船「エバー・ギブン」。プラネットラボ社の衛星画像から(AP)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1937519 0 経済 2021/03/25 22:38:00 2021/03/26 09:20:54 2021/03/26 09:20:54 In this satellite image from Planet Labs Inc., the cargo ship MV Ever Given sits wedged in the Suez Canal near Suez, Egypt, Thursday, March 25, 2021. The skyscraper-sized cargo ship wedged across Egypt's Suez Canal further imperiled global shipping Thursday as at least 150 other vessels needing to pass through the crucial waterway idled waiting for the obstruction to clear, authorities said. (Planet Labs Inc. via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)