読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本郵便、普通郵便の土曜配達を10月から休止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵便は1日、手紙やはがきといった普通郵便の土曜日の配達を10月から休止すると発表した。「翌日配達」は原則廃止する。他方、速達は値下げすることで利用者のニーズに応える。郵便局員の負担を軽減し、郵便物の減少に対応する。

 普通郵便の配達にかかる日数は現在から1日程度増える見通しだ。翌日に配達している地域は、2日後の配達が基本となる。木曜日に差し出した郵便物は原則、月曜日の配達になる。

 宅配便や速達、書留は従来通り土曜日も配達を行い、配達日数にも変更はない。

 速達料金は10月から1割程度値下げする。「250グラム以下」の郵便物の場合、290円から260円に引き下げる。

 深夜に行っていた郵便物の仕分け業務をなくし、コロナ禍を背景に需要が増す宅配便「ゆうパック」の配達などに従業員を振り向ける。

 見直しは、2020年12月に公布された改正郵便法に盛り込まれていた。

無断転載・複製を禁じます
1954399 0 経済 2021/04/01 17:24:00 2021/04/01 19:53:38 2021/04/01 19:53:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)