読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カップ麺購入数量が全国2位、かつては7連覇した青森…塩分取り過ぎ控えるよう県は呼びかけへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2019年の1世帯あたりの年間カップ麺購入数量で、青森県は全国2位となり、2年連続で「首位」とならなかった。

 国などの統計データを基に、青森県が上位に来る項目をまとめた「ピカイチデータ」によると、19年のカップ麺購入数量は、青森県が18年比21グラム減の5104グラムで、1位の岩手県(5136グラム)に次ぐ結果だった。

青森県庁
青森県庁

 県によると、記録を遡れる過去15年間のうち、青森県の購入数量が最多だったのは「7連覇」を含む11回を数えるが、18年は4位で、2年連続でトップの座を譲り渡したのは初めて。全国平均が増加傾向にあるという。

 県によると、カップ麺1個に含まれる塩分の目安は4・9グラムで、成人1日あたりの摂取目標8グラムの半分を超える。塩分の取り過ぎを控えるよう、県は今年度、啓発冊子を配布して県民に呼びかける予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1958608 0 経済 2021/04/03 13:44:00 2021/04/03 14:02:05 2021/04/03 14:02:05 青森県庁。青森県青森市で。2020年11月30日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210403-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)