読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ関連破綻は累計1197件、飲食業が最多208件…今後も増加の懸念

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京商工リサーチは、新型コロナウイルス感染拡大に関連した3月の経営破綻(負債1000万円以上)が139件だったと発表した。月別では2か月連続で過去最多を更新した。政府が緊急事態宣言を再発令した影響で、経営が悪化した企業が増えたとみられる。

 昨年2月の集計開始からの累計では1197件に上った。業種別では、「飲食業」が208件と最も多く、来店客の減少や休業要請などで打撃を受けた。「アパレル関連」が106件、「建設業」が105件、「ホテル・旅館」が76件だった。

 4月の経営破綻は、すでに2日までに34件が判明している。大阪府などでは5日から「まん延防止等重点措置」が適用され、飲食業などの苦境が続く。東京商工リサーチは「コロナ関連破綻は引き続き増勢をたどる可能性が高い」と分析している。

無断転載・複製を禁じます
1958334 0 経済 2021/04/03 10:33:00 2021/04/03 11:10:59 2021/04/03 11:10:59 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210403-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)