読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

システム障害、みずほ社長陳謝「信頼にかかわる極めて重大な事態」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 みずほフィナンシャルグループは5日午後、東京都内で記者会見を開いた。坂井辰史社長が、一連のシステム障害の詳しい原因や再発防止のための対応状況を説明した。

 2月28日に現金自動預け払い機(ATM)4318台が停止した障害では、開発部署のスキル不足や、事前のテストでメモリー容量への考慮が不足していたことが要因となった。

記者会見で障害の原因などを説明するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(5日午後、東京都千代田区で)=早坂洋祐撮影
記者会見で障害の原因などを説明するみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(5日午後、東京都千代田区で)=早坂洋祐撮影

 坂井社長は会見で、「グループとしても、信頼にかかわる極めて重大な事態であると受け止めており、改めて心より深くおわび申し上げます」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1962937 0 経済 2021/04/05 18:26:00 2021/04/05 20:21:06 2021/04/05 20:21:06 システム障害に関する記者会見で、記者の質問に答えるみずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長(中央)(5日午後6時51分、東京都千代田区で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)