読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ユーロの父」ロバート・マンデル氏死去…ノーベル経済学賞受賞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】ノーベル経済学賞を受賞した経済学者、ロバート・マンデル米コロンビア大名誉教授が4日、イタリアの自宅で死去した。同大が明らかにした。88歳だった。国際通貨理論の権威で、欧州単一通貨の理論的支柱として「ユーロの父」と呼ばれた。

 マンデル氏は1932年、カナダで生まれ、米マサチューセッツ工科大で博士号を取得した後、74年からコロンビア大で教べんをとった。ある地域に単一通貨を導入した場合の恩恵と損失を論じた「最適通貨圏理論」は、ユーロ導入の理論的な基礎を築いたとして、99年のノーベル賞受賞の理由の一つとなった。

 資本の移動が自由化された開放経済における金融・財政政策の効果を示す「マンデル=フレミング・モデル」でも知られ、各国の通貨政策に大きな影響を与えた。

無断転載・複製を禁じます
1966547 0 経済 2021/04/06 23:55:00 2021/04/06 23:55:00 2021/04/06 23:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)