読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

株、感染拡大への懸念から全面安…終値21円安の2万9708円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8日の東京株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念からほぼ全面安の展開となった。日経平均株価(225種)の終値は、前日比21円81銭安の2万9708円98銭だった。

 国内で新規感染者数が再び増加傾向にあることが投資家心理の重荷となっている。経済活動が停滞することへの懸念から、空運や陸運、小売りなどを中心に幅広い業種で売り注文が出た。

 一方で、割安感の出た銘柄を買い戻す動きも出て、日経平均は一時値上がりに転じる場面もあり、小幅に下落して取引を終えた。

 市場では「国内主要企業の決算発表が本格化するまでは、方向感のない展開が続く」(大手証券)との見方も出ている。

無断転載・複製を禁じます
1970769 0 経済 2021/04/08 15:10:00 2021/04/08 19:29:22 2021/04/08 19:29:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)