読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3月「街角景気」、4か月ぶりに悪化…感染増で先行き不安強まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内閣府が8日公表した3月の景気ウォッチャー調査によると、景気に敏感な商店主らに聞いた「街角景気」は、現状を3か月前と比べた判断指数(DI、季節調整値)が49・0と前月から7・7ポイント上昇した。2~3か月先の景気の見方を示す先行き判断指数は49・8と1・5ポイント下落した。

 内閣府が8日発表した3月の景気ウォッチャー調査によると、景気に敏感な小売店主らに聞いた「街角景気」は、2~3か月先の景気の見通しを示す先行き判断指数(DI、季節調整値)が前月比1・5ポイント低い49・8となり、4か月ぶりに悪化した。

 東京都や大阪府などで新型コロナウイルスの感染者数が再び増加し、先行きへの不安が強まった。「小売関連」は2・9ポイント低い48・6、旅行業などの「サービス関連」は2・4ポイント低い50・1となった。

 小売りでは、「感染第4波が来て、人出が減少する可能性が考えられる」(南関東の百貨店)などの声が上がった。

 一方、現状を3か月前と比べたDIは2か月連続で改善し、7・7ポイント高い49・0だった。1都3県での緊急事態宣言の解除などが影響した。

無断転載・複製を禁じます
1970782 0 経済 2021/04/08 15:17:00 2021/04/08 20:37:58 2021/04/08 20:37:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)