読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米、中国のスパコン7企業に禁輸措置…バイデン政権初「軍事活動に関与」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米商務省は8日、中国の軍事活動に関わっているとして、中国のスーパーコンピューター関連の7企業・団体を安全保障上の輸出規制リストに追加すると発表した。バイデン政権が中国企業に禁輸措置を発動するのは初めて。トランプ前政権からの強硬姿勢を引き継ぎ、圧力を強める構えだ。

 対象となるのは、「天津飛騰信息技術」など。リストに掲載されると、許可なく米国から技術や部品を輸出することができなくなる。レモンド商務長官は声明で、「米国の技術を利用した軍事的近代化の取り組みを防ぐ」と強調した。

 トランプ前政権は、通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)など多くの中国企業に対して禁輸措置に踏み切った。

無断転載・複製を禁じます
1972465 0 経済 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 07:22:36 2021/04/09 07:22:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)