読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「東芝TOB 7月にも」英ファンド提案…3年後に再上場

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東芝本社が入るビル(東京都港区で、読売ヘリから)
東芝本社が入るビル(東京都港区で、読売ヘリから)
東芝本社が入るビルのそばに掲げられている「TOSHIBA」のロゴ
東芝本社が入るビルのそばに掲げられている「TOSHIBA」のロゴ

 東芝の買収に向けた英投資ファンド「CVCキャピタル・パートナーズ」の初期提案の全容が9日、明らかになった。7月から8月にかけて株式公開買い付け(TOB)を行い、早ければ10月の上場廃止を見込んでいる。企業価値を高め、約3年後の再上場を目指す。

 買収は単独では行わず、日本の官民ファンドである産業革新投資機構(JIC)や、政府系金融機関の日本政策投資銀行(DBJ)の参加を想定している。

 提案は6日付で、A4用紙で8枚分。東芝について「電力や原子力を含めて、重要な国家の安全保障を担う企業」と位置づけている。業績の回復につなげた現経営陣について「素晴らしい成果を残されており、高く評価している」とした。

 CVCは初期提案で、東芝の株式を非上場にする狙いについて説明している。経営陣が、短期的な利益の還元を求める投資ファンドなど「物言う株主」からのプレッシャーにさらされていることの弊害を挙げた。6日時点の株価(3830円)より約3割高い、1株あたり約5000円で買い取ることを提案し、「納得して退場していただくのがベストの解決策」と説明した。

 買収パートナーとして、JICやDBJの名前を挙げたほか、東芝と相乗効果が見込める事業会社にも参加を促すという。

 4月中旬に詳細な提案を行い、6月に最終提案をするとしている。東芝の定時株主総会が開かれる6月末よりも前に、TOBの実施を表明することを目指す。

買収提案のポイント

▽官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)や日本政策投資銀行(DBJ)、日本の事業会社などの参加を想定

▽7月にも株式公開買い付け(TOB)を開始し、早ければ10月にも上場廃止

▽買い付け価格は1株5000円を想定

▽必要に応じ日本政府や関係省庁と十分に連携

▽約3年後の再上場を目指す

◆CVCが想定する東芝買収スケジュール

4月6日     初期提案

4月中旬     詳細提案

4月末~5月末  資産査定

6月上~中旬   最終提案

6月末      TOBの実施を公表

7月初旬~8月末 TOB期間

9月上旬     TOB代金の決済

10月~11月中旬  上場廃止

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1975397 0 経済 2021/04/10 05:00:00 2021/04/10 05:13:22 2021/04/10 05:13:22 東芝本社が入るビル。東京都港区で、本社ヘリから。2018年3月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210410-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)