読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トイレの「ハンドドライヤー」、利用再開を認める…実験で「飛散」なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経団連は13日、新型コロナウイルス感染予防対策の指針を改定し、オフィスなどのトイレに設置されている「ハンドドライヤー」の利用再開を認めたと発表した。外部の試験結果や専門家の意見を踏まえ、使用しても感染拡大のリスクは極めて低いことが確認できたとしている。

 指針はオフィスや工場のハンドドライヤーが対象だが、商業施設や飲食店などでも指針と同様の感染対策を取っているケースが多い。改定で利用再開の動きが広がる可能性がある。

 経団連は改定後の指針で、ドライヤーの利用停止の記述を削除した。その上で、「(トイレの)使用頻度の高い時には清掃も1日複数回行う」「ハンドドライヤー設備は定期的に清掃する」などと明記した。

 外部の試験会社による評価では、ドライヤーの手を入れて乾かす部分からウイルスが飛散し、周囲で増加することはないと考えられるとしている。

無断転載・複製を禁じます
1982656 0 経済 2021/04/13 19:06:00 2021/04/13 22:52:12 2021/04/13 22:52:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)