スタバ、冷たいドリンク全23品目の容器を紙製に…年間6700万杯のプラごみ削減期待

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スターバックスコーヒージャパンは15日、冷たい飲み物の容器をプラスチック製から紙製に切り替えると発表した。アイスのスターバックスラテやキャラメルマキアートなどが対象で、16日から全国の店舗で導入する。プラスチックごみを減らすのが目的だ。

スターバックスコーヒージャパンは冷たい飲み物の提供を紙コップに切り替える
スターバックスコーヒージャパンは冷たい飲み物の提供を紙コップに切り替える

 スターバックスではすでに、アイスコーヒーとアイスティー3品目をストローがいらない紙製コップに切り替えていた。16日からは、全23品目に拡大し、年間6700万杯分のストローとプラスチック容器の削減効果が期待できる。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1986873 0 経済 2021/04/15 10:59:00 2021/04/15 15:00:20 2021/04/15 15:00:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)