読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

消費期限迫った商品、ファミマが値引き販売後押し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ファミリーマートは7月にも、消費期限が迫った商品について、加盟店が値引きしやすくする新たな仕組みを導入する。売れ残った商品を捨てる食品ロスを3割程度減らしたい考え。

ファミリーマート
ファミリーマート

 おにぎりやサンドイッチなど消費期限が短い商品が対象となる。ファミリーマートが、「エコ割」として値引き額やバーコードを記したシールを用意し、加盟店が必要に応じて対象商品に貼る。伝票記入など、これまで加盟店側で必要だった作業が不要で、チェーン本部が値引き分の一部を穴埋めすることで、加盟店が値引きしやくなる。

 コンビニ業界もほかの小売店と同様に食品ロスの削減が課題になっており、人工知能(AI)を活用して、発注量のムダを減らす取り組みなどを強化している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1987862 0 経済 2021/04/15 18:16:00 2021/04/15 18:16:00 2021/04/15 18:16:00 コンビニエンスストア「ファミリーマート」。東京都内で。2021年4月7日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)