読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

支払いは「顔パス」、学生「時間省けて便利」…大学キャンパスで顔認証決済の実証実験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 顔認証システムによる決済サービス「BioPay(バイオペイ)」の実証実験が、近畿大東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)で行われている。大学構内での顔認証決済の実証実験は、国内では初の試みという。

タブレットでの顔認証で決済サービスを受ける学生(東大阪市で)
タブレットでの顔認証で決済サービスを受ける学生(東大阪市で)

 通貨処理機大手のグローリー(兵庫県姫路市)と共同で実施。「バイオペイ」は、顔画像とクレジットカードの情報を登録することで、支払い時に店のタブレット端末に顔をかざすだけで決済が可能になる。

 同社は2019年に社内のコンビニなどで社員約500人を対象に実証実験を行ったが、今回は、学生、教職員合わせて約2万6000人が在籍する東大阪キャンパスでの実施となる。

 実験期間は9月30日までの予定で、東大阪キャンパス内にある食堂、カフェなど4店舗で使える。経営学部3年の女子学生(20)は「財布からクレジットカードを取り出す時間が省けるのは楽。便利ですね」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1995149 0 経済 2021/04/19 11:56:00 2021/04/19 11:56:00 2021/04/19 11:56:00 タブレットでの顔認証で決済サービスを受ける学生(東大阪市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)