読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

主力スマホ事業の先行き見えず…ファーウェイ、自動車関連の事業を強化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=小川直樹】中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)は18日、自動車メーカー向けに販売する自動運転システムや高性能レーダーなどの新商品を発表した。米国による輸出規制の強化で、主力のスマートフォン事業の先行きが見えにくくなっていることから、自動運転関連やソフトウェア部門を新たな成長の柱にする狙いがある。

ファーウェイの自動運転システムを初めて搭載したEV「アークフォックスαS」の発表会(17日、上海市で)=小川直樹撮影
ファーウェイの自動運転システムを初めて搭載したEV「アークフォックスαS」の発表会(17日、上海市で)=小川直樹撮影

 自動車事業部門トップの王軍ワンジュン氏は18日の発表会で、ファーウェイの開発した自動運転システムについて、「消費者にすばらしい移動体験をもたらす」と胸を張った。

 ファーウェイの自動車関連の研究開発チームは5000人規模に上り、2021年は研究開発に10億ドル(約1100億円)を投じるという。ただ、車そのものは製造しない。

 自動車事業強化の象徴が、中国の電気自動車(EV)大手・北京新能源汽車の新型EV「アークフォックスαS」だ。主要システムの全てをファーウェイ製とした第1弾となるEVで、発表会では、路肩に駐車中の車の陰から飛び出した歩行者や電動バイクの配達員をよけながら走る動画を公開した。人が運転に介入するシーンはなく、技術力の高さをアピールした。

無断転載・複製を禁じます
1994483 0 経済 2021/04/19 05:00:00 2021/04/19 06:58:04 2021/04/19 06:58:04 ファーウェイの自動運転システムを初めて搭載したEV「アークフォックスαS」の発表会(17日、上海市で)=小川直樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)