読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

20年度貿易収支、3年ぶり黒字1・3兆円…中国向け輸出9・6%増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 財務省が19日発表した2020年度の貿易統計(速報)によると、輸出額から輸入額を差し引いた全体の貿易収支は、1兆3070億円の黒字だった。黒字は3年ぶり。

 全体の輸出額は前年度比8・4%減の69兆4873億円、輸入額は11・6%減の68兆1803億円で、ともに大幅に減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が大きく減速したためだが、資源価格の下落に伴い輸入の減少幅が大きかったことから黒字となった。

 輸出は、リーマン・ショックの影響を受けた09年度(17・1%減)以来の大幅減となった。米国向けは16・5%減の12兆4416億円。新型コロナの影響を大きく受けた航空機類が48・5%減だった。欧州連合(EU)向けは12・5%減の6兆3671億円だった。

 一方、コロナ禍からの脱却が早かった中国向けは、9・6%増の15兆8997億円となった。非鉄金属(57・6%増)、半導体等製造装置(18・5%増)などが増えた。

 輸入は、資源価格の下落で原粗油(49・2%減)や、液化天然ガス(23・1%減)が大幅に減った。

 同時に発表された3月の貿易統計(速報)は、全体の貿易収支が6637億円の黒字だった。

無断転載・複製を禁じます
1994696 0 経済 2021/04/19 09:02:00 2021/04/19 13:48:21 2021/04/19 13:48:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)