読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

上海モーターショー、主戦場はEV…トヨタもSUVタイプの試作車初公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=小川直樹、南部さやか】世界最大級の国際自動車展示会、上海モーターショーが19日、上海で開幕した。国際的に脱炭素の動きが加速する中、各社が電気自動車(EV)を相次いで披露した。世界最大の自動車市場でEV大国の中国での販売拡大が「EV時代」を勝ち抜く鍵となっている。

上海モーターショーで、トヨタが世界初公開したSUVタイプの新型EV「bZ4X」(19日午前、上海で)=片岡航希撮影
上海モーターショーで、トヨタが世界初公開したSUVタイプの新型EV「bZ4X」(19日午前、上海で)=片岡航希撮影

 トヨタ自動車は19日の発表会で、中型のスポーツ用多目的車(SUV)タイプのEV「トヨタbZ4X」を世界初公開した。前田昌彦執行役員は「2025年までに世界で7車種の(bZシリーズの)新型EVの投入を計画している」とアピールした。トヨタは、25年までに15車種のEVを導入する方針だ。

 「bZ」はトヨタが今後展開する新しいEVブランドの統一名称で、「bZ4X」が第1弾となる。SUBARU(スバル)と共同開発したEV専用の車台を初めて採用し、22年半ばまでに世界で販売する計画だ。

 ホンダも新型EVの試作車「ホンダSUVe」を披露した。井上勝史常務執行役員は「(中国で)5年以内に10車種のホンダブランドのEVを投入する」と宣言した。

上海モーターショーでBMWがアジア初公開したEV「THE iX」(19日午後4時31分、上海で)=片岡航希撮影
上海モーターショーでBMWがアジア初公開したEV「THE iX」(19日午後4時31分、上海で)=片岡航希撮影

 海外勢も積極的な動きを見せている。独BMWは、世界全体で23年までに12車種のEVを導入すると表明した。また、中国不動産開発大手・恒大集団傘下の恒大新能源汽車集団の劉永灼総裁は、25年までに年間生産台数を100万台に、35年までに500万台に、それぞれ拡大するとした。

 各社がEV戦略を強化するのは、脱炭素社会に向けて中国政府がEV普及に力を入れており、市場拡大が期待できるためだ。中国政府は昨年11月、25年までに新車販売に占める新エネルギー車の割合を20%に高める計画を発表した。

 中国自動車工業協会によると、1~3月のEVなどの新エネルギー車の販売台数は前年同期比3・8倍の51万5000台に増加し、一時の販売不振から再拡大に転じた。異業種からの新規参入も相次いでおり、日産自動車の現地法人トップの山崎庄平氏は19日の記者会見で「新規参入が増えることで、より一層競争が激化するだろう」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
1995071 0 経済 2021/04/19 11:20:00 2021/04/19 22:20:43 2021/04/19 22:20:43 上海モーターショーでトヨタ自動車が世界初公開したSUVのEV「bZ4X」(19日午前9時10分、上海で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)