読売新聞オンライン

メニュー

【独自】巨額赤字から一転、ソフトバンクGの最終利益4兆円台後半…国内企業で過去最高

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンクグループ(SBG)の2021年3月期連結決算(国際会計基準)で、最終利益が4兆円台後半になる見通しとなった。国内企業では過去最高となる。世界的な株高を追い風に、投資先の新興企業の上場などで利益が押し上げられた。20年3月期の巨額赤字から一転、最高益を更新する。

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長(2019年11月6日撮影)
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長(2019年11月6日撮影)

 好調の要因は、投資ファンド事業だ。韓国インターネット通販大手「クーパン」など複数の出資先が株式上場し、高値で取引されたことで数兆円の含み益が生じ、利益に反映された。グループの携帯電話子会社ソフトバンクやネット通販大手のヤフーも、コロナ禍での「巣ごもり消費」などで業績が好調だった。

 20年3月期は投資ファンド事業が足を引っ張り、過去最悪の約1兆円の最終赤字を計上した。

 SBGは近年、投資会社としての性格を強めており、世界の株式市場の動向によって業績が浮き沈みしやすい構造となっている。

 SMBC日興証券によると、国内企業の最終利益はこれまで、トヨタ自動車の約2・5兆円(18年3月期)が最高だった。海外企業では、米アップルが約6兆円(20年9月期)、米グーグルの親会社が約4・2兆円(20年12月期)。

無断転載・複製を禁じます
1999147 0 経済 2021/04/21 05:00:00 2021/04/21 10:51:02 2021/04/21 10:51:02 2019年9月中間連結決算の記者会見を行う、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長。本業のもうけを示す営業利益が155億円の赤字で、中間期としては15年ぶりの赤字に転落した。東京都中央区で。2019年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210421-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)