読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

くら寿司・スシロー、都心部で攻勢…出店が増えたそれぞれの理由

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 回転ずしチェーン2強のくら寿司ずしとスシローが、都心部で出店攻勢をかけている。新型コロナウイルスの影響で一等地から撤退する飲食店が増え、出店の余地が生まれているためだ。

コロナ 一等地出店の好機

ちょうちんやのれんなど、日本文化を強調した内装のくら寿司道頓堀店(大阪市中央区で)
ちょうちんやのれんなど、日本文化を強調した内装のくら寿司道頓堀店(大阪市中央区で)

 くら寿司は22日、大阪・ミナミに道頓堀店(大阪市中央区)をオープンする。外国人客の取り込みを狙う「グローバル旗艦店」で、昨年1月に東京で開業した浅草ROX店(東京都台東区)に続く2店舗目となる。

 浅草店と同じくクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が内装を担当し、「浪速の祭り」をテーマにデザインした。入り口近くの壁一面にはLED照明を内蔵したちょうちん85個を飾り付けた。

 1月には、「都心型店舗」を東京・新宿と渋谷に出店した。感染対策として、入店から退店まで店員と対面せずに注文や支払いができる「非接触サービス」が特徴だ。

 回転ずしチェーンは従来、都心部では居酒屋との競争で賃料などの条件が合わず、郊外店が中心だった。コロナ禍で居酒屋の撤退が相次ぎ、出店しやすくなっている。田中信副社長は21日の記者会見で「できるだけ早期に都心の駅前で100店舗を出店する」と明かした。都心店舗は今年10月までに23店舗となる計画だが、出店ペースを加速する。

 スシローを展開するフード&ライフカンパニーズも3月、新宿に都市型店舗として最大級の新店をオープンした。6月には渋谷にも出店を予定している。

 ターミナル駅に近い都心の店舗は酒類がよく売れるため、郊外店に比べ客単価が高いという。スシローの担当者は「いずれ訪日客の需要は戻るので、その前に態勢を整えたい」と話す。

 4月からグループに加わった持ち帰りずし店「京樽」は都心部の店舗が多く、連携を強化する。

無断転載・複製を禁じます
2002241 0 経済 2021/04/22 05:00:00 2021/04/22 07:57:48 2021/04/22 07:57:48 壁のちょうちんや座席ののれんが特徴的な、くら寿司道頓堀店(大阪市中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210422-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)